実写映画『窮鼠はチーズの夢を見る』クランクアップ!行定勲監督「大倉忠義の色気と成田凌の可愛らしさに何度も魅了された」

実写映画『窮鼠はチーズの夢を見る』クランクアップ!行定勲監督「大倉忠義の色気と成田凌の可愛らしさに何度も魅了された」

先日、『窮鼠はチーズの夢を見る』が無事クランクアップを迎え、キャストの大倉忠義さん(関ジャニ∞)、成田凌さん、行定勲監督、そして原作者の水城せとな先生からのコメントとクランクアップ時の写真が到着しました!

本作は、セクシャリティを越え、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとな先生の傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』/『爼上の鯉は二度跳ねる』を行定勲監督により『窮鼠はチーズの夢を見る』のタイトルで実写映画化。

実写映画『窮鼠はチーズの夢を見る』クランクアップ!行定勲監督「大倉忠義の色気と成田凌の可愛らしさに何度も魅了された」

受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた大伴恭一(大倉忠義)が、ある日、後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)と7年ぶりに再会。今ヶ瀬から、「昔からずっと好きだった」と突如想いを告げられ、彼からの一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていく――。

ベルリン国際映画祭では国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲監督がメガホンを取り、その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取ってきた『ナラタージュ』(17)、『リバーズ・エッジ』(18)に続き、本作では、揺れ動く2人の男性の切なくも狂おしい恋を、時に繊細に時に大胆に描きます。

ラストカットを撮り終えた大倉さんは、行定監督から花束を受け取ると、思わず目に涙を浮かべ、約1か月に渡り行われた撮影に思いを馳せました。大倉さんは「今までにやったことのない役をやりたいなと考えていたので、この映画のお話を戴いた際には是非演じてみたいと強く思いました。33歳という今だからこそ、出来た役だと思います」と本作への想いを打ち明け、「成田さんは色気があり、持ってる空気が柔らかく、ナチュラルに“今ヶ瀬”なんだなと思わせてくれました。ずっとフラットな関係で居られたので、お芝居がやりやすかったです」と初共演の印象を語りました。スタジオには、先にクランクアップを迎えていた成田さんがサプライズで登場。最後に行定監督と3人で記念撮影を行い、大倉さんは「気付いたら朝になっていましたが、無事にクランクアップを迎えられて良かったです。ありがとうございました」と笑顔を見せました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年3月18日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。