映画『ブラック・クランズマン』 知れば知るほど引き込まれる“アフロヘアー”に詰まったパワーを徹底解剖! 「頭も人生もFunkyに!」あふろ佐々木インタビュー

映画『ブラック・クランズマン』 知れば知るほど引き込まれる“アフロヘアー”に詰まったパワーを徹底解剖! 「頭も人生もFunkyに!」あふろ佐々木インタビュー

黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」に潜入捜査したという前代未聞の実話を映画化した『ブラック・クランズマン』が、3月22日本日より公開となります。

映画『ブラック・クランズマン』 知れば知るほど引き込まれる“アフロヘアー”に詰まったパワーを徹底解剖! 「頭も人生もFunkyに!」あふろ佐々木インタビュー

『ブラック・クランズマン』ストーリー
1970年代半ば、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、情報部に配属されると、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>のメンバー募集に電話をかけた。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。騒然とする所内の一同が思うことはひとつ。 KKKに黒人がどうやって会うんだ? そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で一人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか―!?

「黒人刑事がKKKに潜入する」というびっくり仰天なお話が(しかも実話かよ!)、名監督スパイク・リーによって、時にコミカルに、サスペンスフルに描かれていく様子は、上映時間の135分があっという間。「この後どうなっちゃうの?!」と一瞬も目が離せない展開の連続で、ジョン・デヴィッド・ワシントン&アダム・ドライバーらを中心とする俳優陣の熱演が最高のクライム・エンターテインメントを完成させています。非常にヘビーな展開ながらちゃんとエンターテインメントになっており、でもエンタメに寄せすぎていない、社会について考えさせられる、今絶対観るべき1本なのです。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月22日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。