【人事向け】テレワークのデメリットとは?企業がすべき解決法3つ(障害を持つ方向け就職支援~Salad~)

【人事向け】テレワークのデメリットとは?企業がすべき解決法3つ(障害を持つ方向け就職支援~Salad~)

今回は『障害を持つ方向け就職支援~Salad~』ブログ記事からご寄稿いただきました。

■【人事向け】テレワークのデメリットとは?企業がすべき解決法3つ(障害を持つ方向け就職支援~Salad~)
【人事向け】テレワークのデメリットとは?企業がすべき解決法3つ(障害を持つ方向け就職支援~Salad~)

ICT(情報通信技術)を活用した、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方として「テレワーク」が注目されています。テレワークとは、電話だけでなくWeb会議ツールやチャットでのコミュニケーションなど、現代の多様な情報通信技術を駆使する働き方を指し、導入する企業が徐々に増えてきています。

政府も、2020年の東京オリンピックに向け毎年7月24日を「テレワーク・デイ」として全国の企業などに実施を呼びかけるなど、テレワークを積極的に推進する姿勢を見せています。

しかし、日本におけるテレワークは数としては増えているとはいえ、欧米など他国と比べて普及していないという実態があります。総務省が2018年5月25日に公表した「通信利用動向調査の結果」では、2580社に対するアンケートの結果、テレワークを「導入している」と答えた企業は全体の13.9%に留まっています。

この記事では、日本企業への導入を阻んでいる「テレワークのデメリット」を整理し、その解消方法をあわせてご紹介します。

■テレワークのデメリットとは?企業が導入しない理由
【人事向け】テレワークのデメリットとは?企業がすべき解決法3つ(障害を持つ方向け就職支援~Salad~)

先述の総務省による調査では、企業がテレワークを「導入しない理由」についても明らかとなっています。以下では、企業が感じているテレワークのデメリットを3つに整理します。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年5月2日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。