『連続ドラマW 坂の途中の家』は全“夫”冷や汗タラリの家族ドラマ! 令和そうそう家族のあり方を問う

『連続ドラマW 坂の途中の家』は全“夫”冷や汗タラリの家族ドラマ! 令和そうそう家族のあり方を問う

およそ地上波では放送し得ないエグいラインを毎回突いて、人々の記憶にこびりつく名作を放ち続けるWOWOWの最新作「連続ドラマW 坂の途中の家」は、“家庭に潜む究極の心理サスペンス”を掲げた衝撃作だった。すでに第1話が放送されたが、まさしく時代の転換期であるいま、令和元年そうそう端末の前でのけぞるほどの現代的なテーマ性で話題になりそう!

「連続ドラマW 坂の途中の家」の主人公は、専業主婦の里沙子。ある日、わが子を虐待死させた女性の裁判に補充裁判員として参加する。専業主婦の里沙子は当初、残酷な事件とわが子に手をかけた彼女に激しく嫌悪感を抱くが、裁判を経ていく過程で女性の心情に思いが至り、被告の人生と3歳の娘の母親という自分の人生がオーバーラップ。やがて里沙子は自分でも気づいてなかった、いや気づこうとしていなかった思いにブチ当たる。

裁判を経てフォーカスが当たっていく事象は事件そのものだけではなく、育児ストレス、夫との関係、義父母からの重圧、実母との確執など、専業主婦・里沙子自身の諸問題。この国に暮らすすべての母親が「ですよね!」とうなずきそうな苦悩のオンパレードで、そのすべてに里沙子は対峙していく。その様相は、ある意味「見たくもないもの」と評せるほどのリアリティーだが、それもそのはず、原作・角田光代、脚本・篠崎絵里子コンビに加え、里沙子役を柴咲コウがずっしりと熱演。“家庭に潜む究極の心理サスペンス”をじわじわと炙り出し、観る者の感情を揺さぶりまくる。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。