世界のため立ち上がるアイアンマンの姿を見逃すな― エンドゲームで描かれるトニー・スタークの勇姿とは?

世界のため立ち上がるアイアンマンの姿を見逃すな― エンドゲームで描かれるトニー・スタークの勇姿とは?

破格のメガヒットによって映画史を塗り替え続ける「アベンジャーズ」シリーズが、この春ついに完結。公開からわずか11日間で世界累計興行収入20億ドルを稼ぎ出し、『タイタニック』(1997)の記録をあっさりと追い抜き、現在1位である『アバター』(2009)の記録を猛追する本作は、日本でもすでに前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の興行記録を抜き去り、40億円を突破するなどまさに大ヒット! SNS上でも、”歴史に残る1作”、”笑って、泣いて、興奮してこんなに感情をゆさぶられるとわ”、”こんなに号泣するとは思わなかった”など、絶賛のコメントが相次いでいます。

※以下、本作の結末に触れない程度のネタバレがございますので、ご注意ください。

本作は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)で、最強最悪の敵<ラスボス>サノスによって、全世界の生命の半分が消し去れた後、残されたヒーロー達が、消えてしまった35億人と仲間たちを取り戻す為、再び団結し立ち上がる姿を描く物語。その残されたアベンジャーズメンバーの1人で、日本でも絶大な人気を誇るキャラクター「アイアンマン」に今一層の注目が集まっています。

世界のため立ち上がるアイアンマンの姿を見逃すな― エンドゲームで描かれるトニー・スタークの勇姿とは?

2008年『アイアンマン』から始まった、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の歴史は、アイアンマンことトニー・スタークと共に歩んできたと言っても過言ではありません。巨大軍需企業スターク・インダストリーズの社長でありながら、自社の兵器が一般市民にも被害を及ぼしているという現実を知ったことがきっかけで、その財力と知能を人を救うことに使おうと決意。当初身分を隠し、謎のヒーローとして活躍していたが、公の場で自らがアイアンマンであることを公表。その目立ちたがり屋で、お調子者な一面を持つ彼は、一方で人一倍平和の為、自身ができることに頭を悩ませ、努力を重ねる人物でもあります。そんな人間味溢れるトニーのキャラクターは、世界中で瞬く間に大人気キャラクターとなり、日本でも最も支持を集めるヒーローの1人となったのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年5月13日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スパイダーマン」のニュース

次に読みたい関連記事「スパイダーマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュース

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。