『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト陣&監督が韓国イベントに登場! 「サーガ最終作への想い」「ジーンの役作り」明かす

『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト陣&監督が韓国イベントに登場! 「サーガ最終作への想い」「ジーンの役作り」明かす

世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描き、全世界累計興収が28億ドルを超える驚異の大ヒットを記録したメガヒット・シリーズの最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』。6月21日より日本公開となります。

5月27日、世界最速公開となる韓国にてプレミアイベントが開催。ソフィー・ターナー、マイケル・ファスベンダー、エヴァン・ピーターズ、タイ・シェリダン、サイモン・キンバーグ監督が、マスコミ向けの記者会見を行いました。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト陣&監督が韓国イベントに登場! 「サーガ最終作への想い」「ジーンの役作り」明かす

韓国の報道陣が約200人、アジア10ヶ国の報道陣が約50人と、250人もの報道陣がかけつけ、注目度の高さが伺えるこの記者会見。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト陣&監督が韓国イベントに登場! 「サーガ最終作への想い」「ジーンの役作り」明かす
『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト陣&監督が韓国イベントに登場! 「サーガ最終作への想い」「ジーンの役作り」明かす

フォトセッションでは、韓国風のハートマークポーズも披露した皆さん。かわいい!

『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト陣&監督が韓国イベントに登場! 「サーガ最終作への想い」「ジーンの役作り」明かす

映画『X-MEN』シリーズとしては通算で第7作品目、スピンオフ作品も含めると第12作品目となる本作。X-MENサーガの最終作品として、ソフィー・ターナー演じる、最強のキャラクター“ジーン・グレイ”の葛藤や不安を中心に、彼女の内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”の誕生について描かれます。このジーンというキャラクターへの役作りやその他のキャラクターの表現の仕方について、キャスト陣、監督が質問に応じました。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャスト陣&監督が韓国イベントに登場! 「サーガ最終作への想い」「ジーンの役作り」明かす

――X-MENサーガの最終作として、本作への想いを教えてください。

サイモン・キンバーグ監督:脚本に3年前くらいからとりかかり、途中には途方に暮れることもありました。でも、家族の様にキャスト・スタッフ一丸となって自然な形でサーガの最終作品が作れた。マイケルのように何作も出ている人もいれば、ソフィーとタイみたいに2作目の人もいるけれど、皆で協力しながら作り上げることが出来た。大学の卒業の様に感動とほろ苦さが共存している作品だと思う。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マイティ・ソー」のニュース

次に読みたい関連記事「マイティ・ソー」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。