犯罪者インタビュー:「弁護士法違反の交通事故示談交渉人」に話を聞いてみた

犯罪者インタビュー:「弁護士法違反の交通事故示談交渉人」に話を聞いてみた

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

突然の交通事故に巻き込まれ、また事故を起こしてしまったときに、パニックになってしまうのは、当然のこと。

特に事故を起こした経験がないという人であれば、被害者や加害者の前で、あたふたしてしまうものです。

平成30年度の事故発生件数は、43万0,601件あまり。そりゃあ、朝から晩まで、自動車保険のCMをやっているはずですよね。

今回は、そんな交通事故を利用して、ボロ儲けする交通事故示談交渉人の多田氏(58歳/仮名)に、その手口とカラクリについて、話を聞いてきました。

犯罪者インタビュー:「弁護士法違反の交通事故示談交渉人」に話を聞いてみた
■逮捕されても懲役2年以下か罰金

丸野(以下、丸)「いつ頃から、示談交渉人をされているんですか? もちろんこれって、保険会社や近親者以外の無資格での弁護活動になるので、弁護士法違反になりますよね?」

多田氏「示談を生業にしはじめたのは、20年前くらいちゃうかな。初めは友人が車に轢かれて、その示談交渉をしたのがはじまりやわ。別で、商売もやってるから、いろいろな人脈を使ってやったら、“こりゃ儲かるぞ”と。弁護士法違反というのは、もちろん知ってるよ。でも、その罪状は、2年以下の懲役または300万円以下の罰金取られるだけやから、大したことないやん。それよりも、儲けの方が大きかったわけ」

丸「なるほど。そんな小さなリスクよりも実入りがいいと……」

多田氏「今、“交通事故診断士”っていう名刺を作ってやってるんやけど、もっともらしい肩書きがあれば、頼んでくる相手も安心やんか。“示談屋”なんて言ったら、ヤクザかなんかやと思われてしまうから……。 昔はいくらでも儲かったけど、今はアカンよ、ホンマ」


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年5月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「地震」のニュース

次に読みたい関連記事「地震」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「死亡事故」のニュース

次に読みたい関連記事「死亡事故」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュース

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら