「珍発明ばかりが舞い込む特許取得代行屋」に話を聞いてみた

「珍発明ばかりが舞い込む特許取得代行屋」に話を聞いてみた

どうもどうも、ライターの丸野裕行です。

発明ブームをつくった『王様のアイデア』の全店が閉店したのは十数年前のこと。日本中が、発明で一攫千金を狙う勘違い発明王を作り出してしまいました。特許を取得して、その使用権で億万長者になれる――見果てぬ夢を追いかける自称・日本のエジソンたちは、いまだ日本中にたくさんいます。

その箸の棒にもかからないクズ発明といったら、ハンパではありません。

今回は、そんな特許代行を行う業者・山川さん(仮名/47歳)に、彼の元を訪れる発明者たちのことを聞いてみました。

■とにかく小難しい特許出願の手順

丸野(以下、丸)「いつから、このお仕事をはじめられたんですか?」

「珍発明ばかりが舞い込む特許取得代行屋」に話を聞いてみた

山川さん「平成16年春ですね。国家試験に合格して、“弁理士”になってから、13人のスタッフを抱える中規模の特許事務所に就職しました。この道を選んだ理由は、経営のイロハを知って、独立すれば儲かるからです。代理で、特許取得のお手伝いをする“弁理士”は、特許庁を相手に権利を保護するのが仕事です」

丸「特許って簡単に取得できるものなのですか?」

山川さん「いえ、特許取得するには、かなりハードルが高い“特許要件”を満たすことが重要なんです。ですから、発明品の本質を理解し、法律的・技術的な知識を利用して、無理やりでもいいから、付加価値をでっち上げなければならないのです。それが特許事務所の役割になります。発明っていうのは、すごく抽象的なものなんです。それを文章に起こさなければいけないので、結構苦労しますよ」


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年5月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。