シリーズ累計335万部! 人気ファンタジー小説『デルフィニア戦記』の音楽集CD第2弾がリリース

シリーズ累計335万部! 人気ファンタジー小説『デルフィニア戦記』の音楽集CD第2弾がリリース

茅田砂胡原作のシリーズ累計335万部を誇る人気ファンタジー小説『デルフィニア戦記』の音楽集CD第2弾が6月12日に緊急リリースされる。今作は昨年12月に大好評を博した、舞台『デルフィニア戦記~動乱の序章~』の劇伴音楽に追加レコーディング等を行い、舞台の躍動と感動を全27曲に詰め込んだ圧巻のボリュームとなっている。

『デルフィニア戦記』とは、茅田砂胡のデビューシリーズであり代表作のひとつ。玉座を追われた漂泊の戦士ウォルと、異世界からの迷子リィの出逢いと冒険の物語。ノベルズ版から文庫、CD、舞台化など、その世界はメディアを越え広く展開している。現在刊行から25年を記念して、フェアを開催中(中央公論新社)だ。

今回、音楽を担当したのは、作曲家・中村康隆を中心に電子楽器と管弦楽器にソプラノボーカルを取り入れて活動する夜長オーケストラ。編成はツインドラムとパーカッション、マニピュレーター、5弦ベース、ピアノ、7弦ギターによるリズム隊と、サックスを含む2管オーケストラ、そしてソプラノ歌手を含めた総勢28人で、近年はアニメやゲーム作品、舞台音楽などにも楽曲を提供する“劇伴を担当するアーティスト”としても、その活動の幅を広げている。

シリーズ累計335万部! 人気ファンタジー小説『デルフィニア戦記』の音楽集CD第2弾がリリース

作曲を担当した中村は、「沢山の魅力あふれるキャラクターたちですが、舞台ではそれがさらに凝縮されて次々と進んでいく印象がありまして、いかに音楽面で色分けをはっきりと出していくかが一番苦心しました。」とのコメントを寄せているとおり、『デルフィニア戦記』の魅力的なキャラクターたちのテーマはもちろん、スケール感あふれる戦闘やスリリングな一騎打ちシーン、コミカルでファンタジックな場面などさまざまなシーンを彩るトラックが収録され、映画のサウンドトラックに匹敵するコレクションとして、『デルフィニア戦記』の音楽世界を心底堪能できる。舞台の興奮と感動を想起させる、ファンなら聴き逃すことができない必聴の1枚だ。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年6月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。