『キャプテン・マーベル』CGアーティスト・多田学さんにいろいろ聞いてみました

『キャプテン・マーベル』CGアーティスト・多田学さんにいろいろ聞いてみました
       

2019年5月、デジタルハリウッド大学(DHU)にて日本人CGアーティストの多田学さんによるCGメイキングセミナーが開催されました。

また、セミナーでは多くは語られなかった、映画『キャプテン・マーベル』制作に関しても追加でインタビューを行いましたのでご覧ください。

■海外で活躍する日本人CGアーティスト

多田さんの得意とする分野はコンピューターグラフィックにおける特殊効果(ビジュアルエフェクト・VFX)やライティング。

VFXシニアディレクターとして多田さんがこれまで関わってきた作品は『キングコング』『アバター』『猿の惑星 3部作』『ホビット』など多岐に渡ります。

『キャプテン・マーベル』CGアーティスト・多田学さんにいろいろ聞いてみました

多田 学(ただ がく)プロフィール
テクニカルディレクター。広島出身、大学卒業後1997年よりLAのデジタルドメインに就職、FXやライティングアーティストとしてアイロボットやスタートレックなどの大作に従事し、2004年よりニュージーランドのWETAへ転職、ライティングをメインにキングコング、アバター、猿の惑星3部作、ホビット、モータルエンジンなどの作品に参加。2018年よりカナダILMにてキャプテンマーベルなどを制作。現在フリーとして制作活動、学生の作品制作のサポートをしている

http://www.gakutada.com/

セミナーテーマは『クリエイティブな仕事で世界とつながる事』。DHUの学生向けに行われたこのセミナーには多くの“クリエイター候補”が詰めかけ、会場はまたたく間に席が埋まりました。


当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。