犯罪者インタビュー:「盲目の大麻栽培人」に話を聞いてみた

犯罪者インタビュー:「盲目の大麻栽培人」に話を聞いてみた

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

先日、ジャニーズ『KAT-TUN』の元メンバーの田口淳之介が女優の小嶺麗奈と、大麻所持で逮捕されました。

入手経路が比較的楽と言われる大麻ですが、実はこの大麻を国内で、さらには自室で栽培をしているという男性に出会いました。しかも彼は全盲という障害を背負っていたのです。

今回は、盲目の大麻栽培人・芹沢氏(仮名/35歳)に、なぜ大麻を栽培、精製、販売するというブラックマーケット精通するに至ったのかの話を聞いてみました。

犯罪者インタビュー:「盲目の大麻栽培人」に話を聞いてみた
■18才のとき、バイク事故で視覚障害を負う

丸野(以下、丸)「まず、ハンディキャップを負ってしまった経緯を教えていただけませんか?」

芹沢氏「趣味だったバイクで走っているときに、ちょうど子供が赤信号で飛び出してきて、ハンドル切っったんですが、歩道の鉄柵にバイクごと衝突したんですね。かぶってたのが半ヘルだったから、思いっきり顔面を強打して……。柵がまぶたを貫通して、角膜やられたんですわ、両目とも。それからは、2ヶ月間の入院。目をやられたので、18才で全盲になったんです。ジュニアさんやないけど、どこに鼻があって、どこに目があるのかがわからないくらい腫れあがって……」

丸「それは大変でしたね」

芹沢氏「何にも見えへんから、それからは荒れて、荒れて。母子家庭やったから、母親には悪いことをしました、ホンマに。自損事故やし、治療費を請求する先もない。外出するのさえ怖くなってね。光を奪われた生活は想像を越えてましたね。まずは自傷行為ですよ。壁を1日中殴ったりして、やることない。酒飲んでましたね、ずっと。そんな状態で、引きこもりは24才まで続きました。遊び相手はテレビとラジオ、酒だけです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年6月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。