役柄のビジュアルはKAT-TUNのコンサートからヒントを得た!? 映画『Diner ダイナー』武田真治インタビュー

役柄のビジュアルはKAT-TUNのコンサートからヒントを得た!? 映画『Diner ダイナー』武田真治インタビュー

平山夢明の小説を原作に、主演・藤原竜也、監督・蜷川実花が初タッグを組んだ映画『Diner ダイナー』が7月5日(金)より公開となる。

豪華俳優陣の共演が話題を集める本作で、怪しいスペイン語を操る筋肉自慢の殺し屋・ブロを演じた武田真治にインタビューを実施。巡り合わせとも言える蜷川実花監督との仕事や、NHK『みんなで筋肉体操』出演の反響など、いろいろと話を聞いた。

役柄のビジュアルはKAT-TUNのコンサートからヒントを得た!? 映画『Diner ダイナー』武田真治インタビュー

――ブロは原作に登場するキャラクターのエッセンスを借りた映画オリジナルキャラクターだと思うのですが、「肉、酒、女好きなハイテンションの奇人」という役柄を演じてみていかがでしたか?

武田:撮影中はふと我に返って恥ずかしくなる瞬間もあったかもしれないです(笑)。引き連れてる子分たちのテンションを見て、やるべきことを思い出していました。カメラが回る直前までいつもリッキー・マーティンの『リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ』がセットでずっと流れてましたね。そのノリで演じてくれ、って。

――ビジュアル面については、どのように作り上げていったのでしょうか。

武田:衣装はほぼ決まったものが用意されていて、マニキュアや目の周りの色とか、タトゥーの柄とか、アクセサリーをジャラジャラ着けてるとか、そういうのは実花さんやスタイリストさんが決めてくださいました。ただひとつ、僕からは顔に傷を付けたいとリクエストしました。これが有ると無いとで、殺し屋っぽさが全然違うと思います。実はKAT-TUNのコンサートを見に行ったときに、上田竜也さんが傷のメイクを施してステージに立っていたんですよ。「KAT-TUNは活動していない間も戦ってきたんだ」って話してて、真似したくなったんですよね。中丸雄一さんに招待してもらったんですけど、それから上田さんへの興味が尽きず、ご本人に許可をとって写真を撮らせてもらって、「真似していい?」って聞いたら「楽しみにしてます」と。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「TOKIO」のニュース

次に読みたい関連記事「TOKIO」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「光GENJI」のニュース

次に読みたい関連記事「光GENJI」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。