京都人がコッソリ教える『祇園祭』を遊ぶコツ

京都人がコッソリ教える『祇園祭』を遊ぶコツ
今週、7月16日(木)には宵山、そして17日(金)には山鉾巡行とクライマックスを迎える、日本三大祭のひとつ、京都の祇園祭。1200年の歴史を持ち、7月1日から31日までの一ヶ月間もの間行われる見どころが盛りだくさんのお祭りだけあって、何をどう見たらいいのかわからなくて人ごみに疲れて帰っちゃった……なんて失敗をしてしまうことも多いんです。そこで、祇園祭に詳しい地元の人に祭を上手に楽しむコツを聞いてみました。




宵々々々山から風情を味わう
祇園祭で最も混み合うのは、山鉾巡行とその前日である宵山。でも、山や鉾が町に立つのは13日の宵々々々山(正式な言い方ではありません)からです。「山や鉾が立てば、夜7時ごろからそれぞれに祇園囃子の“コンチキチン”の演奏もあるのですが、まだ観光客も多くありませんし、地元の人がのんびり楽しんでいて風情があります。コンチキチンを聞きながら近くの店で一杯飲むのもおすすめ」とのこと。人ごみが苦手な人は、一足早く13日や14日の夜に行ってみてはいかがでしょうか。


“御集印帳”を片手に山鉾スタンプラリー
祇園祭で建てられる山鉾は全部で32基。京都市営地下鉄四条駅(または阪急京都線烏丸駅)あたりを中心に、東西南北に点在しています。「初めての人は、長刀鉾(なぎなたほこ)から月鉾(つきほこ)あたりを何となく見て帰ってしまうのですが、山や鉾を見に行くと朱印(黒印)をもらえるので、スタンプラリー感覚で回るのも楽しいですよ」。でも、32基も回るのにどのくらい時間がかかるんでしょうか? 「うーん、朝から回れば夜までには終わります」。なっ、なかなか大変そう。御集印帳は書店や各山鉾で販売されています。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2009年7月13日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら