やっぱり“ガルパンは最高だぜ!” 『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』初日舞台挨拶レポート

やっぱり“ガルパンは最高だぜ!” 『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』初日舞台挨拶レポート

6月15日、東京・新宿バルト9にて『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』初日舞台挨拶が行われました。

『ガールズ&パンツァー』は2012年10月にTVシリーズがはじまったTVアニメで、2015年に『ガールズ&パンツァー 劇場版』、2017年には『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』が上映されています。本作は、2017年12月に上映された“最終章 第1話”に続く第2話となります。女子高生が戦車に乗って戦う武道“戦車道”をテーマに描いた作品で、キャラクターや物語の魅力だけでなく戦車の描写にも定評がある作品です。

今回の初日舞台挨拶には、大洗女子学園・あんこうチームのメンバーを演じる、渕上舞さん(西住みほ役)、 茅野愛衣さん(武部沙織役)、尾崎真実さん(五十鈴華役)、中上育実さん(秋山優花里役)、井口裕香さん(冷泉麻子役)、司会として、井澤詩織さん(園みどり子・後藤モヨ子・金春希美役)が登壇。舞台挨拶が上映直後であったということもあり、渕上さんが「みなさん、どうでしたか?」と問いかけると、客席からは口々に「最高!」の声とともに拍手喝采。早朝の上映回であったにもかかわらず、テンションが一気に上昇しました。

やっぱり“ガルパンは最高だぜ!” 『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』初日舞台挨拶レポート

舞台挨拶がはじまり、井澤さんから本作品の感想を聞かれると、渕上さんは「アフレコはだいぶ前に終わっていましたが、画が完成して、音がついて、声が入るとまた別物のような感じがします」とコメント。おすすめシーンの話に移り、茅野さんはBC自由学園との戦闘シーンを挙げて「敵ながら感動しちゃうほど熱かった」とコメント。尾崎さんは「バラバラだったのが急にまとまって戦い出すからBC自由学園は怖いなと思います。二度と戦いたくない(笑)」と第1話から続く相手チームへの感情を吐露しました。中上さんは「作戦を思いついたところ」を挙げ、井口さんは「歌がすごく印象的」とそれぞれのキャストが印象深いシーンをコメントしました。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年6月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。