フリードキン監督入魂の“オリジナル完全版”を目撃せよ 『恐怖の報酬』国内初ディスク化 特典満載の<最終盤>ブルーレイも[ホラー通信]

フリードキン監督入魂の“オリジナル完全版”を目撃せよ 『恐怖の報酬』国内初ディスク化 特典満載の<最終盤>ブルーレイも[ホラー通信]

ウィリアム・フリードキン監督入魂のサスペンス超大作『恐怖の報酬 オリジナル完全版』が、9月に待望のブルーレイ&DVDリリース決定。

人生の底から這い上がるため、300キロにわたる一触即発のニトログリセリン運搬に命を賭けた男たちの運命を、冷酷非情なリアリズムで描き切った本作。フリードキン監督自身が「1コマも修正したいと思う箇所がない」と認める最高傑作ですが、1977年の日本初公開時には、監督に無断で約30分がカットされた92分の“短縮版”が配給され、正当な評価を受けることはありませんでした。

フリードキン監督入魂の“オリジナル完全版”を目撃せよ 『恐怖の報酬』国内初ディスク化 特典満載の<最終盤>ブルーレイも[ホラー通信]
■「再公開するならばでなければ」

以降、権利問題のために長きにわたって全世界的に上映不可、北米以外ではDVDも発売されないという不遇の状況が続いていた本作。業を煮やしたフリードキン監督自身が、権利問題の解決に乗り出し、更にデジタルリマスターに着手。入魂の121分の“オリジナル完全版”を復活させました。2018年11月より日本でも待望の上映がはじまり、メイン館のシネマート新宿では9週間という大ロングラン、全国50館超に拡がる旧作リバイバル上映としては驚異的な成績をおさめています。

「日本においても単なる数回のリバイバル上映であれば再公開を望まない、再公開するならばでなければ興味はない」と語っていたフリードキン監督。だがこの劇場大ヒット、そして何よりも往年のファンから初見の観客までが本作を観てくれたことに対して深く感動し、喜んでいるとのこと。ちなみに、フリードキンは不本意なかたちで公開された“短縮版”については存在を認めておらず、観たこともないとのこと。そしてその“短縮版”を作った配給会社の担当者は、その事実発覚とその他の悪事もあってその後牢屋行きになったそうです。本当にあった怖い話。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年6月17日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。