ナチス陰謀論を2度も映画化した理由とは?『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』ティモ・ヴオレンソラ監督インタビュー

ナチス陰謀論を2度も映画化した理由とは?『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』ティモ・ヴオレンソラ監督インタビュー

第二次世界大戦後に月の裏側に逃れ、秘密基地を建設していたナチスが人類侵略を開始するフィンランドのSFアクション映画『アイアン・スカイ』。その7年ぶりの続編『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』が7月12日(金)に封切られる。本作の舞台は、前作の30年後。人類は月面ナチスとの戦いに勝利したものの、核戦争のために地球は自滅・荒廃し、エネルギー枯渇のため絶滅の危機に瀕していた。主人公のオビは、地球深部の空洞にエネルギー源があることを知り、“ロスト・ワールド”へ旅立つ。しかし、そこに待っていたのは、復活したナチス総統ヒトラーと、彼と結託した秘密結社・ヴリル協会だった。

前作同様の月面ナチスにくわえ、『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』では、地球空洞説や地底人の登場なども描かれ、オカルト&トンデモ要素がパワーアップ。それでも、クラウドファンディングサイトIndiegogoで1.5億円を集めるなど、変わらぬ熱い支持を得続けている。メガホンをとったフィンランドのティモ・ヴオレンソラ監督は、なぜ陰謀論やオカルトを題材に映画を撮り続けるのか? 今回のインタビューでは、作品の意図から続編の構想まで、ざっくばらんに語ってくれた。  

■興味があるのは「人間の知識が持つダークサイド」
ナチス陰謀論を2度も映画化した理由とは?『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』ティモ・ヴオレンソラ監督インタビュー

――前作『アイアン・スカイ』の製作時から、続編のアイデアをお持ちだったのでしょうか?

実を言うと、地球空洞説であったり、恐竜が登場するような大まかなアウトラインは、1作目の製作中からイメージしていたものです。それと、ストーリーはまだ考えていなかったのですが、フックになるようなアイデアはいくつか思いついてはいました。そうこうしているうちに1作目が成功したので、具体的な脚本にとりかかった、という感じです。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年7月11日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら