米軍がUFOもロックオンできる新たな赤外線センサーを開発中? 西海岸でUFO目撃報告が急増

米軍がUFOもロックオンできる新たな赤外線センサーを開発中? 西海岸でUFO目撃報告が急増

米軍はもはやUFOの存在を無視できなくなってきているのかもしれない。

米軍によるUFO目撃報告で最も有名なものは、2004年11月にカリフォルニア沖でニミッツ空母打撃群が遭遇した“Tic-Tac UFO”だろう。7日間に渡り複数回目撃された謎の飛行物体は、高度1万8000メートルからほんの数秒で海面近くまで降下した後にホバリングするなど、既知の技術ではあり得ない加速・旋回性能を示し、超音速で飛び去ったという。この飛行物体については米国防総省も識別のできないUFOとして認めざるを得ず、13ページのレポートにまとめている。

このUFOは当時としては世界最高水準の性能だったイージス艦のAN/SPY-1レーダーをもってしても追跡しきれず、一時的に接近することのできたF/A-18FスーパーホーネットのAN/APG-73レーダーでもロックオンできなかった。しかし、パイロットの目には長さ14メートルほどの白っぽい楕円形の物体として視認され、エンジンもプロペラも、排気煙も見えなかったが、同機に搭載されたAN/ASQ-228赤外線前方監視ポッドは低速で移動するUFOの姿を捕捉することができた。

動画:UFO spotted by US fighter jet pilots, new footage reveals – BBC News(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=3RlbqOl_4NA


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年7月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら