ふつうでない「性」を認め合う 関西クィア映画祭が今秋開催

ふつうでない「性」を認め合う 関西クィア映画祭が今秋開催

「クィア(Queer)」という言葉をご存じだろうか? 英語で「奇妙な・変な」を意味する、性的に「ふつう」でないとされる人に対する蔑称として使われてきた言葉だ。

その「クィア」を逆手にとって、「ふつう」といわれる性のあり方を問い直す映画祭がある。2005年から始まり、今年で13回目を迎える「関西クィア映画祭」だ。

映画祭のテーマはLGBTや、同性愛にとどまらない。性と民族、障害など、複数の課題が交差する映画作品も、数多く取り上げてきた。13回目となる今年は、特集上映・招待作品に加え、公募から選りすぐられたコンペ作品など36本が、大阪と京都の2都市で上映される。

【大阪】 9/21(土)-23(月祝) とよなか男女共同参画推進センター すてっぷ
【京都】 10/18(金)-20(日) 京都大学西部講堂

■ジュールズ・ロスカム監督、10年の軌跡を追う特集上映
ふつうでない「性」を認め合う 関西クィア映画祭が今秋開催

今年の注目プログラムは、アメリカ人“クィア”監督 ジュールズ・ロスカムの特集上映。

音楽専門チャンネル・MTVからキャリアをスタートしたロスカム監督は、2005年から“クィア映画”を制作。デビュー作「トランスペアレント」(*画像)はアメリカの公共放送PBSでの放映の他、世界50を超える国々で上映された。

関西クィア映画祭では同作に加え、ロスカム監督の「トランス物語に抗して」(2009)、「クィアな仲間の作り方」(2012)、「パパのやり方」(2018)他、7作品を上映する。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年7月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。