エスカレーターでは歩かず止まろう 啓発キャンペーンを紹介するNHK生活・防災の動画ツイートが分かりやすい

エスカレーターでは歩かず止まろう 啓発キャンペーンを紹介するNHK生活・防災の動画ツイートが分かりやすい
拡大する(全1枚)

東京は左側、大阪は右側に立って乗り、もう片側は歩いて登っていく光景がよく見られるエスカレーター。でも安全に、効率よく移動するには、両側に立ち止まって乗る方がよいのです。7月22日、全国の鉄道事業者などによる啓発キャンペーン「エスカレーター“みんなで手すりにつかまろう”」がスタートしました。エスカレーターに乗る際、「手すりにつかまる」「歩かず立ち止まる」「黄色い線の内側に立つ」「荷物をしっかり持つ」という安全な利用を呼び掛けるキャンペーンで、実施個所では安全利用の呼びかけや掲示物、配布物による注意喚起が始まっています。

NHK生活・防災( @nhk_seikatsu )のTwitterはこのキャンペーンを紹介する動画で、止まって乗りたい「3つの理由」を分かりやすく解説しています。


https://twitter.com/nhk_seikatsu/status/1153131632787886085

理由のひとつは「安全」。エスカレーター事故の6割は歩いていて転倒することが原因で、手すりにつかまっていないとトラブルで緊急停止した際に危険。

もうひとつの理由は「効率的」。ロンドンの地下鉄で3週間実施した調査では、2列で止まって乗った方が30%混雑を緩和できるという結果が出ているそうです。

最後の理由は「ハート」。手足にマヒがある人には、左右のどちらかに立って手すりにつかまりたい理由があります。

都内のキャンペーンの実施個所は下記の通り。通行する機会があったら「3つの理由」を意識して、積極的に止まって乗ることを心がけてみては。


当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。