「この映画は弱った皆さんにとっての愛ある鬼コーチ!」ブルボンヌさんが“おっさんシンクロ”映画『シンク・オア・スイム』を語る

「この映画は弱った皆さんにとっての愛ある鬼コーチ!」ブルボンヌさんが“おっさんシンクロ”映画『シンク・オア・スイム』を語る

人生を舞え。ぶざまにかっこよく。
さえない中年男性たちがシンクロナイズドスイミングで人生を再スタートさせる、スウェーデンの実話をもとにした映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』が大ヒット上映中です。

キラキラしてない、良い体でも無い(笑)、そんなおじさん達が一生懸命奮闘する姿は感動必至。決して押し付けがましくない人生賛歌な素晴らしい映画に仕上がっています。本作を「私がときめく“ウォーターボーイズ”はこっち!」と絶賛しているのが、女装家・執筆家のブルボンヌさん。大学生時代にゲイ雑誌の編集に携わり、現在はバー経営や、様々なメディアで活躍されている人生経験豊富なブルボンヌさんに映画の見所を教えていただきました。

「この映画は弱った皆さんにとっての愛ある鬼コーチ!」ブルボンヌさんが“おっさんシンクロ”映画『シンク・オア・スイム』を語る

――映画拝見しましたが、すごく楽しくて。感動しました。ブルボンヌさんが本作でお好きなポイントはどんな所ですか?

ブルボンヌ:スポ根ドラマ的な、勝利に向かって頑張っていく王道の展開は誰しもが感動出来るポイントだと思うんだけど、それ以外にも哲学的な言葉や素敵な演出がたくさんあって、フランス映画らしいエッセンスも素晴らしいの! 難解な単館系映画は苦手って人でも、深みのある小洒落た作品が好きな人も、どちらも楽しめそうなのがこの映画の見事なところだと思うわ。

――確かに、両立している所がすごいですよね! 

ブルボンヌ:あとはジェンダー表現の面白み。「ユルい体型のおっさん達がシンクロをやる」って設定が面白いのって、「今まで女がやってきたことを、男がやるのは恥ずかしい、笑える」って思ってるから。女がパンツスーツを着るのはカッコいいのに、逆はこっけいな扱いになるのって、男に近づくのがかっこいいって発想がベースにある。でもこの映画では、不器用だし無様に見えるおっさん達が、最後には輝いてカッコいいシンクロ姿を見せてくれる。イケメンの若い男の子たちがキラキラボディで成功するわけじゃないから、余計に心に刺さるのよね。おじさん一人一人のキャラクターの描き方も、皆さんやけにリアルだったのにも驚きました。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月31日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。