星野源主演『引っ越し大名』美術スタッフが超難関撮影現場を語る! 「藩をあげての大移動」をリアルに体験?!

星野源主演『引っ越し大名』美術スタッフが超難関撮影現場を語る! 「藩をあげての大移動」をリアルに体験?!

『超高速!参勤交代』シリーズをはじめ、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し続ける土橋章宏の傑作小説「引っ越し大名三千里」を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務める映画『引っ越し大名!』が8月30(金)に公開となります。

本作のテーマとなっている「国替え」と呼ばれた江戸時代の引っ越しはなんと、藩士とその家族全員が移動するため、移動人数10,000人、距離は約600kmという現代では考えられないほど大規模な出来事。「引っ越し」といえば現代でも一苦労するものですが、ましてや本作の舞台は荷物を一気に運ぶことのできる台車やトラック、エレベーターもない江戸時代。参勤交代をはるかに上回る労力、そして費用がかかること必至の超難関プロジェクトなのです。そんなお国の一大事を救うべく、引っ越しの総責任者”引っ越し奉行”に白羽の矢が立ったのは、書庫にこもりっきりで本ばかり読んでいた引きこもり侍の片桐春之介(星野源)。引きこもりで人と話すことも苦手な彼は、この超難関プロジェクトを無事に成し遂げることができるのか!?

劇中では「藩丸ごとの引っ越しなんてどこから手をつければ…」と途方に暮れる春之介に、前引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)が引っ越しの手順を指南するように、江戸時代の物語とはいえ、現代にも共通する引っ越しの手順や工夫が盛りだくさんで描かれます。先日行われた引っ越し会社試写会では、「今も昔も段取り8分チームワークが必要なのは変わらない」、「マニュアル、段取り、構成など現代の引っ越しにも通じる部分がたくさんある」といった引っ越しの段取りについてから、「建物が傷つかないように養生もしっかりされていて素晴らしい」と具体的な部分まで、引っ越しを生業にしている方々だからこそ共感できるコメントが続々。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年8月13日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。