『イソップの思うツボ』上田監督・中泉監督・浅沼監督インタビュー「『カメ止め』の様な爽やかな鑑賞後感もありつつ心に重さが残る映画」

『イソップの思うツボ』上田監督・中泉監督・浅沼監督インタビュー「『カメ止め』の様な爽やかな鑑賞後感もありつつ心に重さが残る映画」
       

動員数220万人以上、興行収入31億円を突破!2018年最大の話題作となった『カメラを止めるな!』。本作を手がけた上田慎一郎さん、助監督を担当しスピンオフ版の監督も務めた中泉裕矢さんと、同作でスチールを担当した浅沼直也さんがトリプル監督を務める『イソップの思うツボ』が8月16日より公開となります。

構想3年、『カメ止め』を超える≪ネタバレ厳禁≫な内容になっている本作。青春、クライム、サスペンス、アクション、コメディ…ジャンルを軽々と超越した遊び心満載で予測不能な本作はどの様に作られたのか? 3人の監督にお話を伺いました。

『イソップの思うツボ』上田監督・中泉監督・浅沼監督インタビュー「『カメ止め』の様な爽やかな鑑賞後感もありつつ心に重さが残る映画」

――映画大変楽しく拝見しました! 『イソップの思うツボ』は構想に3年かかったそうですね。

上田:3年間ずーっと作品作りをしていたわけではなく、企画が固まるまで2年くらいかかっているんです。この3人が出会ったのが、2012年の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」で、埼玉県と「SKIPシティ」が若手育成という名目のもと、2年に1回オムニバスの映画というのを作ってるのですが、2015年に僕と浅沼さん、中泉さん、もう一人の監督で『4/猫 ねこぶんのよん』という独立した短編が4つ入った映画を撮ったんです。その時に意気投合して、居酒屋で「またオムニバスの短編をそれぞれやるのはちょっとなあ」「長編とりますか」って半分冗談で話していたんですけど、それが現実になったのがコレです。3人で長編撮るにはどういうのがいいのか、って形を探るのに時間がかかって。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月16日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。