チャン・イーモウがリアリティを追求した“生身のバトル” 『SHADOW/影武者』メイキング映像

チャン・イーモウがリアリティを追求した“生身のバトル” 『SHADOW/影武者』メイキング映像

『HERO』(02)、『LOVERS』(04)で一斉を風靡したチャン・イーモウ監督と主要スタッフが再タッグを組み「三国志」の〈荊州争奪戦〉をダイナミックにアレンジ。武侠アクションの新時代を切り開く、傑作エンターテイメントが誕生。『SHADOW/影武者』が現在公開中です。

本作は、「第75回ベネチア国際映画祭」にて絶賛され、海外のレビューサイト「Rotten Tomatoes」では支持率95%(2019年9月1日時点)をたたき出し、 “Fresh”と高評価を獲得。そして、「第55回金馬奨」4部門受賞、アジア版アカデミー賞「第13回ASIAN FILM AWARDS」では 最多の4部門受賞、米エンタメ誌の「バラエティ」が発表したに選出され、国内外から高評価を得ています。

チャン・イーモウが“リアリティ”を追求した“生身のバトル”と“アンブレラ・ソード”の”殺陣“に思わず息をのむスリル満点の壮絶アクション!! 新時代を切り開く、未体験の武侠アクションの裏側に迫るメイキング映像が解禁!

【動画】チャン・イーモウがリアリティを追求した“生身のバトル” 『SHADOW/影武者』メイキング
https://www.youtube.com/watch?v=xfq8vJ0HWDk

チャン・イーモウはカメラマンという自身のルーツに戻り、視覚効果とCGをほとんど使わないことを決意。”刃”と”刃”が、”生身”と”生身”が激しくぶつかり合うリアリティ溢れる戦闘シ ーンを作り上げた!アクション監督の谷軒昭(クウ・フエンチュウ)は、「今回使っている傘ですが、少しでも当たると怪我をします。傘で顔や首に向かって攻撃するため、怪我しやすい。距離感をうまくコントロールしないといけません。役者も怪我せずに済む方法を理解 する必要があります」と傘での戦いは、柔をもって剛を制すような、ダンスのような動きや仕草が要求され、男性も女性らしさを表現しなければならなかった事を明かします。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月10日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。