[会見全文]映画「ジョーカー」トッド・フィリップス監督ビデオ通話会見 「またホアキンと仕事ができるなら何でもやる」

[会見全文]映画「ジョーカー」トッド・フィリップス監督ビデオ通話会見 「またホアキンと仕事ができるなら何でもやる」

孤独だが純粋で心優しいコメディアン志望の男・アーサーが、唯一無二の悪のカリスマへと変貌していく様を描いた映画「ジョーカー」が、10月4日(金)に日同日公開となる。

ホアキン・フェニックスが「バットマン」シリーズの中で最も有名なヴィラン(悪役)・ジョーカーを演じた本作は、第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、最高賞となる金獅子賞を受賞。オスカー作品賞獲得への期待も高まっている。

9月20日、本作で監督と脚本を務めたトッド・フィリップスがビデオ通話会見を実施。日本の記者からの質問に答えた。

[会見全文]映画「ジョーカー」トッド・フィリップス監督ビデオ通話会見 「またホアキンと仕事ができるなら何でもやる」

――素晴らしい作品でした。アメリカの社会的な問題や人間のあり方が描かれている作品の中で、監督が最も大切にしたメッセージは何でしょうか。

フィリップス監督:私は映画のメッセージを必ずしも定義したいとは思いません。映画を見に来た人の中には、ジョーカーの原点を描いた話として、何らかのメッセージを受け取らない場合もあります。政治的な映画だと見る人がいるかもしれませんが、それは私が意図した所ではありません。また人によっては人道主義者的な映画だと思う人もいるでしょう。どんなメッセージを受け取るかは全て観客に委ねています。

――共同脚本のスコット・シルバーや主演のホアキン・フェニックスとアイデアを出し合って脚本を練られたと聞きました。2017年に脚本を書き上げた時と、実際に完成した映画では、内容がどのくらい変わっているのでしょうか。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。