『ジョン・ウィック:パラベラム』の”寿司屋”に映し出された世界 チャド・スタエルスキ監督とキアヌ・リーブスが込めた「愛するもの」への想い

『ジョン・ウィック:パラベラム』の”寿司屋”に映し出された世界 チャド・スタエルスキ監督とキアヌ・リーブスが込めた「愛するもの」への想い

キアヌ・リーブス演じる殺し屋“”ジョン・ウィックの死闘を描くアクション映画シリーズ『ジョン・ウィック』。その最新作である『ジョン・ウィック:パラベラム』が10月4日(金)に公開される。3作目の『ジョン・ウィック:パラベラム』では、殺し屋ギルド“コンチネンタル”の掟を破り、様々な国や組織の殺し屋から命を狙われる、ジョン・ウィックの死闘が描かれている。

同シリーズは、銃による射撃と近接格闘術をミックスしたジョンの操る“ガン・フー”や、殺し屋ギルド“コンチネンタル”の存在、個性豊かな殺し屋たちが登場する独特のテイストで人気に。1作目、2作目に引き続いてメガホンをとったチャド・スタエルスキ監督は、プロデューサーでもあるキアヌ・リーブスとともに、どのようにシリーズの世界を拡張させてきたのか? 『マトリックス』などのスタントマンとして活躍した、独自の経歴から生まれたアクションシーン秘話や影響を受けた作品群など、単独インタビューでじっくりと語ってもらった。

■『ジョン・ウィック』で目指したのは“アニメのリアリティ”
『ジョン・ウィック:パラベラム』の”寿司屋”に映し出された世界 チャド・スタエルスキ監督とキアヌ・リーブスが込めた「愛するもの」への想い

――ジョンのルーツを掘り下げていく物語が興味深かったです。アイデアはいつ頃からあったものなのでしょうか?

私たちは最初に脚本を書くのではなく、まずテーマを決めてからアイデアを出していくようにしています。その段階で、私が大好きなバレエだったり、劇場でのパフォーマンスといったもの、それとキアヌが特に興味を持っていたロシアのジプシーなどが、要素として挙がりました。それと、「ジョン・ウィックは孤児だった」設定がいいんじゃないか、と。1作目からジョン・ウィックがロシアにルーツを持つという背景はある程度出来上がっていたので、そこに今回のアイデアを集約しています。その結果、ジョンの出身を“孤児を集めてパフォーマーとして育てる養成学校のようなところ”にしよう、ということになったんです。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月3日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。