ジェームズ・キャメロンが『ターミネーター』にカムバックの理由を激白! なぜ“正当な続編”を今作る必要があったのか?

ジェームズ・キャメロンが『ターミネーター』にカムバックの理由を激白! なぜ“正当な続編”を今作る必要があったのか?
拡大する(全1枚)

第一作がジェームズ・キャメロン(『アバター』『タイタニック』)の監督・脚本で製作され、大ヒットシリーズとなった『ターミネーター』(日本公開1985年)。その最新作に、シリーズの伝説的キャストであるアーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンの最強タッグ、そして、伝説の生みの親でありながら、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』(日本興行収入95億円)以降、シリーズへの直接 的な関与がなかったジェームズ・キャメロンが製作に復帰。

更に『デッドプール』の大ヒットで世界中を驚かせたティム・ミラーがメガホンを取るという、ハリウッドを代表するヒットメーカーと注目の実力派監督の奇跡のタッグが実現。『ターミネーター2』の正統な続編を描くとして全世界から注目を集める『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、11 月8日(金)より全国公開とります。公開に先駆け、ジェームズ・キャメロンが『ターミネーター2』の正統な続編を作る必要性があった理由として、“サラ・コナー”の存在があったことを明かしました。

一度は回避したと思われた人類滅亡の日”審判の日“。だが、その危機はまだ終わってはいなかった……。人類の命運を握る女性ダニーを守る謎の戦士グレースと、女性の命 を狙う凶悪に進化を遂げた最新型ターミネーター REV-9(読み方:レヴ・ナイン)との 壮絶な攻防。そして彼らの前に現れる、サラ・コナーとT-800。人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いの火ぶたが、再び切って落とされます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ジェームズ・キャメロン」に関する記事

「ジェームズ・キャメロン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジェームズ・キャメロン」の記事

次に読みたい「ジェームズ・キャメロン」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク