車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた (note)

車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた (note)

今回は岸田 奈美@ミライロさんの『note』からご寄稿いただきました。

■車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた (note)
車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた (note)

2016年11月。
土埃と魚醤の匂いがするミャンマーの市場で。
私は立ち尽くしていた。

車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた (note)

車いすに乗る母の背後には、何人ものちびっ子托鉢僧たちが、連なっていた。
逃げようとすれば、ついてきて。
そしていつの間にか、増えていて。

君たちは、あれか。ピクミンか。

母・ひろ実は困り果てた顔で「どうしよう」と、私に助けを求めた。
私は、見て見ぬフリをした。

私という人間は、理解できない状況に遭遇したら、たとえ実の親であろうとも迷いなく他人のフリができるんだなあ、としみじみ思った。

それはもう、全力で他人を演じた。

演技には自信がなかった私が、ミャンマーの地で、倍賞千恵子を彷彿とさせる名女優になった。

なぜ倍賞千恵子になったかと言うと、話は遡る。

とある仕事のご縁で、私たち親子が、ミャンマーへ招かれることとなった。
今だから言えるが、当時の感情は「ありがてえ」と「おっかねえ」が、ハーフ&ハーフだった。

ミャンマーは、アジアの最貧国(後発開発途上国)。
インフラは、50年前の日本だと言われている。
きっと、道路はひび割れだらけ、砂利道だらけ。
エレベーターどころか、スロープさえあるのか、怪しい。

だめだ。
どうやっても、母が車いすで移動できる想像がつかなかった。

おっかねえ。

しかし、私と母の海外出張は、いつも二人で1セット。
ペーが喋るならパーも。ミッチーが出るならサッチーも。
ひろ実が行くなら、奈美も行かなければいけない。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2019年11月9日の社会記事
「車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた (note)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本には「障害者は特権を得ていて、おいしい思いをしている」という真っ赤なウソを信じてる阿呆がいっぱいいる。日本人ほど他人を妬む民族はないだろう。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。