日本のとはちょっと違うフィンランドの夏の夜とは

日本のとはちょっと違うフィンランドの夏の夜とは
6月21日は夏至でしたね。日本でも、すっかり日が長くなったことと思います。
フィンランドは言わずと知れた高緯度に位置する国。日の長さが日本のそれとはかなり違います。現在フィンランドに住む筆者は、この地の夏の夜の景色をお届けするべく、一年で最も日が長くなる夏至の日を狙って、真夜中の景色を撮影してきました。

この写真、午前1時頃にやや東寄りの北の空を撮影したもの。ご覧のとおり、朝焼けとも夕焼けともつかぬ朱色の光、そして青空へのグラデーション……。手前に写っているのは橋の柵(湖に架かる橋の上から撮影しました)。湖の水面が風で波打っているのがくっきりと確認できるこの明るさ。そう、フィンランドの夏の夜は、この通り、太陽が沈んでも暗くなりきらない景色なのです。

夕日が落ちたら、その後はずっと夕焼け空の輝きを保ったまま、朱色の一番濃いところ(太陽のある方向)が西から東へ移動して、朝日が顔を出すというサイクル。暗くならないまま翌日を迎えるという現象はなかなかに神秘的で、地軸の傾き、緯度の高さに思いを馳せ、地球という天体の上に立っている自分を実感できます。

筆者が住んでいる場所では、この日の日の入りは23時15分頃、日の出は午前3時半頃でした。北極圏まで北上すれば、白夜と呼ばれる24時間太陽が沈まない現象が見られるそうです。毎日、森や道端の草花を観察していると、草木の生長が著しいことに気付きます。おそらく、太陽光をほぼ24時間利用し続けられるためなのでしょう。フィンランドの豊かな森はこうして作られるのかも知れないですね。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年6月22日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら