Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ

Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ

中国メーカーのXiaomi(シャオミ)は12月9日、日本市場への進出を発表。第1弾の製品ラインアップとして、スマートフォン、活動量計、モバイルバッテリー、炊飯器、スーツケースを発表しました。

Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ
Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ

「Mi Note 10」は、6.47インチの3D曲面有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載するAndroidスマートフォン。Snapdragon 730Gプロセッサー、6GBのRAMと128GBの内蔵メモリーを搭載し、バッテリー容量は5260mAh。

Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ
Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ

1億800万画素の広角レンズ、500万画素の望遠レンズ、1200万画素の望遠レンズ、2000万画素の超広角レンズ、マクロレンズの5眼カメラを搭載。日本に設立した世界で9番目のカメラR&Dセンターで開発されたものとのこと。この構成により、0.6倍から50倍までのシームレスなズーム体験を実現しています。インカメラは3200万画素カメラを搭載。Mi Note 10はメインカメラが7枚のレンズ構成であるのに対して、8枚のレンズ構成で8GB RAM、256GB内蔵ストレージを採用する「Mi Note 10 Pro」の発売も予定しています。

Xiaomiが日本市場進出を発表 第1弾は5万円台の5眼カメラ搭載スマホ「Mi Note 10」に活動量計・モバイルバッテリー・炊飯器・スーツケースをラインアップ

本体カラーはミッドナイトブラック、オーロラグリーン、グレイシャーホワイトの3色。Mi Note 10は12月9日から予約受付を開始し、12月16日に発売。価格は5万2800円(税別)。Mi Note 10 Proは12月9日から予約受付を開始し、12月23日に発売。価格は6万4800円(税別)です。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。