災害時における地域の情報発信を考える(note)

災害時における地域の情報発信を考える(note)

今回は浅見 ゆたかさんの『note』からご寄稿いただきました。

■災害時における地域の情報発信を考える(note)

2019年10月12日、台風19号が日本列島を襲い、各地で深刻な被害をもたらしました。被災された方へお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い復興を祈っております。

さて、僕の住む埼玉県秩父地域でも、今回の台風の影響はとても大きく、冠水というより、山間部ならではの土砂崩れなどの被害が多数出ております。(現在進行形で、土砂災害の復旧などにあたっていただいている皆さん、本当にお疲れ様です)

そんな台風19号に関して、今回僕は個人の情報発信として、9月末に休止宣言をしていたローカルメディア「ちちぶる」を緊急復活させて、台風関連の災害情報を発信し続けました。

「【随時更新】2019年台風19号 秩父地域情報まとめ」2019年10月12日『ちちぶる』
https://chichiburu.com/saigai/19

この発信を通して、災害時における地域の情報発信については、様々な課題があったり、まだまだ仕組みが不足していることを強く感じたので、そのことについてまとめてみました。

まだ、被害が進行中の状況ではありますが、いつ襲ってくるかわからない天災に対する備えとして、1日でも早い検討・準備が必要なことと思い、記事を公開させていただきます。

前提としてこのnote触れるのは、インターネット上の「情報」についてで、全年齢ターゲットに情報を届けるには防災無線、消防団、役場などの人的に手段など、様々なことをハイブリットすることが必須だと考えています。踏まえて読んでいただけたら幸いです。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。