自称「特技は殺陣・技斗」俳優の事故を無くし世界を見据えたアクションを 高瀬将嗣氏&崔洋一監督インタビュー

自称「特技は殺陣・技斗」俳優の事故を無くし世界を見据えたアクションを 高瀬将嗣氏&崔洋一監督インタビュー

▲日本俳優連合常務理事・高瀬将嗣氏

『るろうに剣心』『HiGH&LOW』『ザ・ファブル』などなど、アクションをメインとした邦画がヒットを飛ばし、『刀剣乱舞』といった殺陣をふんだんに取り入れた舞台も次々と話題になっている昨今。スタントマンやアクション監督の活躍の場は広がり、殺陣や技斗(現代アクション)に真剣に取り組む俳優も増えてきた。一方で、ときおりアクション関係者から聞こえてくるのが、「特技はアクション」としながら、実際にはそれほどでもない俳優もいるということ。たしかに、作り手も観客も何を基準にして、「アクションが出来る」とするべきか悩むところだろう。「武道・格闘技経験がある」「身体能力が高い」からといって、必ずしも演技としてのアクションに秀でているとは限らないのである。

そんな“基準”の認定を行っているのが、日本俳優連合・アクション部会が主催する『アクションライセンス認定会』である。毎年秋冬2回行われているこの認定会では、殺陣と技斗(現代劇におけるアクション)の審査を行い、合格者に公認のライセンスを発行している。前回の記事では、『第31回アクションライセンス認定会』の模様と参加者へのインタビューを紹介した。今回は、同認定会発足に尽力し、現在も進行役を務める日俳連常務理事・高瀬将嗣氏(『あぶない刑事』『ビーバップ・ハイスクール』『WASABI』などのアクション監督)と、長年にわたって審査委員長を務め続けている崔洋一監督に、発足のきっかけや今後の展望などについて語ってもらった。


ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。