原発作業員の線量偽装あるある

原発作業員の線量偽装あるある
「マジで。そんな記事でてるのけ」

記者の取材電話で被曝線量偽装のニュースを知った作業員がけっこういた。福島の人は、福島民報か民友の購読率が高く、たまたま記者の知り合いの作業員には朝日新聞を読んでいる人がいなかったからだ。

東京電力福島第一原発の復旧作業を請け負う協力会社「ビルドアップ」が昨年末、作業員への外部被曝量をはかるサーベイメーターに鉛板を巻いて、線量を下げる工作をするように部下に働きかけていた、との報道が7月21日の朝日新聞に掲載されネット上でも大きな話題となった。

ビルドアップは、震災以前は浪江町にあった会社で、長らくIHIの下請けに入っていた。現在も作業員を50人ほど第一原発に送り込んでいる。ちなみに会社オーナーの趣味はサーフィン。浪江町はサーフィンのメッカである請戸港を擁する。

「ビルドアップかー。いけいけだからなーあそこ。でもぶっちゃけどこも同じような感じだよ」

と作業員の一人はいう。

●ずさんな線量管理

線量管理がずさんだということは原発事故直後から現場作業員たちの間で常識となっていたようだ。

ここでは記者がきいた、作業員たちの間で知られている「線量ごまかしあるある」を紹介しよう。

■線量ごまかしあるある

・APD・警報付き線量計(以下APD)を裏表逆にする(ディスプレイを体の側に向けて装着しないと正確な線量ははかれない)。

・APDは5~6人で構成されている班の中の一人がまとめてもらいにいくため、受け取ったビニール袋に入れたまま放置して作業すれば線量が出ない。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年7月22日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら