衝撃!「誰も知らない精神病棟の1日」を元看護士に聞いてみた

衝撃!「誰も知らない精神病棟の1日」を元看護士に聞いてみた

※編集部・注:本記事は取材に基づいた内容となっていますが、当時の取材対象についてのみ執筆されています。記載されている内容が、全ての精神病棟や施設に当てはまるわけではありません。あらかじめご了承ください。

※本文内、食事中には適さない表現があります。

精神を病んでしまった患者を治療するために保護・収容する精神病棟。鉄格子がはまった窓や閉鎖病棟、拘束着、足かせや手かせ、薄暗い山奥……といったイメージがつきまといます。

しかし、多くの人は真の精神病棟の実態を見たわけではなく、まことしやかに語られた噂や創作によるイメージをすり込まれているのがほとんどではないでしょうか。果たして、本当の精神病棟とはどんなところなのか。

自分自身が精神の病を患うかもわからない今だからこそ、事前に精神病棟のことを知っておくことは必要ではないでしょうか?

今回、精神病棟の取材に応じてくれたのは、精神科専門院『Y病院』の元看護師・正木遼子さん(仮名、40才)です。

「ずっと、精神科にいるとやっぱり自分自身も何が正しくて、何が正しくないのか、わからなくなってくるんですよね。今は休職中です」

精神病棟看護師歴17年の彼女が語る真実とは……。

衝撃!「誰も知らない精神病棟の1日」を元看護士に聞いてみた

<※写真は全てイメージです。本文と写真は関係ありません>

■どこの病棟もベッド数不足の状態

全国で精神疾患を抱えている患者の数は、平成29年で400万人を超えています。さらに、入院者数は15年前と比べすると、平成14年の約34.5万人から、平成29年の約30.2 万人とおよそ10%減少しています。


当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。