『his』今泉力哉監督&yuu(lyrical school)インタビュー「映画のあらゆる要素の中で“人物表現”に一番重きをおいているのでこうなる」

『his』今泉力哉監督&yuu(lyrical school)インタビュー「映画のあらゆる要素の中で“人物表現”に一番重きをおいているのでこうなる」

『愛がなんだ』『アイネクライネハイトムジーク』などを手がけてきた映画監督・今泉力哉さん。宮沢氷魚さん、藤原季節さんという若き才能を迎え、男性同士のカップルが親権獲得や周囲の人々への理解を求めて奮闘する姿を描いた『his』が1月24日に公開となります。

『his』今泉力哉監督&yuu(lyrical school)インタビュー「映画のあらゆる要素の中で“人物表現”に一番重きをおいているのでこうなる」

今回は、5人組ガールズラップグループ「lyrical school」のメンバーであり、映画好きで今泉監督作品のファンであるyuuさんと、監督に作品作りについて色々とお話を伺いました!

『his』今泉力哉監督&yuu(lyrical school)インタビュー「映画のあらゆる要素の中で“人物表現”に一番重きをおいているのでこうなる」

――本作大変楽しく拝見させていただきました。今泉監督の作品のファンはもちろんですが、一歩踏み込んだ恋愛・人間描写は多くの観客の心を動かすと思います。この映画を制作するにあたって難しかった部分はありますか?

今泉:僕が同性愛と男女の恋愛どちらも変わらないなと思っている部分があるので、同性愛だからと言って身構えるとか、特別な気合いがあったというわけではないです。ただ、脚本を手がけてくれたアサダさんが長年温めてきた企画であり、自分が普段書かない演出がある点は特別でした。子供の警察署での温度の高い芝居とか、僕だったら書かないので。そういう所の温度を現場で調整していくのが難しかったと思いますね。

yuu:見終わった時に「綺麗だな」って心から思えた映画でした。たくさんあるんですけど、特に子供が自転車を練習するシーンが好きで、子役の方の演技に終始癒されていました。

今泉:子役ね、良いですよね。外村紗玖良さんという子が演じているのですが、何十人もオーディションをして彼女に決めたんです。あらゆる点で素晴らしかったのですが、一点だけ声が高いという所だけ気になっていて。一歩間違うとすごく芝居臭くなったり、セリフが聞き取りづらいかな?と懸念していて、選んだ後も大丈夫かなと不安でした。でも撮影が始まってみると、やっぱり彼女の演技は素晴らしくて、セリフのスピードとか調整しながら納得出来るシーンに出来て。なので子役が良かったと言ってもらえるのは嬉しいです。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。