悲劇!「国際結婚で中国人妻をもらった農家」に話を聞いてみた

悲劇!「国際結婚で中国人妻をもらった農家」に話を聞いてみた

アメリカとの軍事的問題や貿易摩擦、チベットへの弾圧、台湾の独立、今大問題に発展しているのが新型のコロナウイルスによるパンデミックなどなど、いろいろな問題を抱え、日本とも冷え込んだ関係にある大国・中国。

隣国でありながら、付き合えば付き合うほど文化や国民性、価値観の違いなどを感じてしまう不思議な国ですが、その中国から妻として迎え入れられる女性は、年間1万人超のペースで日本全国にやってきているのが実情だそうです。これは日本の農村部など嫁不足の地域で、結婚したいのに出会いがない男性が海外から妻を受け入れているケースが増えているということです。

中国人妻の多くは、中国の内陸部や東北部の貧しい地域の出身。日本に嫁として来れば贅沢をして、祖国の親兄弟まで豊かになれる。そのため、自分の娘を差し出す家も多いといいます。

悲劇!「国際結婚で中国人妻をもらった農家」に話を聞いてみた

今回お話を聞けたのは、6年前に中国から妻をもらった笠原正治さん(仮名/50歳)。幸せな結婚生活を送れると思ったはずなのに、彼が体験したのは、国際結婚からの無間地獄でした。

■ハルピン出身の女性は優しい

丸野(以下、丸)「どういったいきさつで中国から奥さんをもらわれたんですか?」

笠原さん「奥手で女性と付き合ったこともないんですよ、私。高校卒で、ずっと米農家の家業を手伝っていたんですが、孫の顔を見せろと親がうるさくて。事情を知ってか、母親が“中国から嫁さんもらったら”と……。で、国際結婚の相談所『国際ハッピーウエディング(仮名)』の担当者と会ったんです。“ご両親の期待に応えてみませんか?”という矢継ぎ早なセールストークを浴びせられて、書類にハンコをつきました」


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。