『サヨナラまでの30分』萩原監督インタビュー「“自分にはこれなんだ”と分かってからの人生の輝き方」「去り際は『レスラー』を意識」

『サヨナラまでの30分』萩原監督インタビュー「“自分にはこれなんだ”と分かってからの人生の輝き方」「去り際は『レスラー』を意識」

「遺されたカセットテープを再生する30分間、2人は1つの体を共有する」
一年前に死んだ、バンドボーカルのアキ(新田真剣佑)と、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太(北村匠海)。偶然、アキの遺したカセットテープを颯太が拾ったことから、出会うはずのない2人に起こる様々な奇跡を描いた『サヨナラまでの30分』が現在絶賛上映中です。

『サヨナラまでの30分』萩原監督インタビュー「“自分にはこれなんだ”と分かってからの人生の輝き方」「去り際は『レスラー』を意識」

『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑さんと、『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のメンバーとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画。

メガホンをとったのは、映画、CM、MVなど数々の映像作品を手がけてきた萩原健太郎監督。本作にかける想い、観た方を虜にしている素晴らしい映画音楽へのこだわりなどお話を伺いました。

【萩原健太郎 監督プロフィール】1980年生まれ、東京都出身。2000年からアメリカ、ロサンゼルスのArt Center College of Design映画学部で学び、帰国後は、多数のテレビCM、MV、ショートフィルムの演出を手掛ける。2013年、初の長編脚本”Spectacled Tiger”が、アメリカのサンダンス映画祭で最優秀脚本賞、サンダンスNHK賞を日本人で初めて受賞。2017年、人気コミックの実写映画化『東京喰種 トーキョーグール』で長編映画監督デビューし、2018年には河瀨直美らと共に短編プロジェクト『CINEMA FIGHTERS/シネマファイターズ』に参加し、短編映画『Snowman』を監督した。その他、NHK BSプレミアムドラマ『嘘なんてひとつもないの』で演出を手掛け、ATP賞ドラマ部分奨励賞を受賞。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。