芥川賞受賞のヒューマンミステリーを綾野剛&松田龍平で映画化 『影裏』大友啓史監督インタビュー「淡々とした時間の中でうごめく感情」

芥川賞受賞のヒューマンミステリーを綾野剛&松田龍平で映画化 『影裏』大友啓史監督インタビュー「淡々とした時間の中でうごめく感情」

第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説「影裏(えいり)」を、綾野剛さん、松田龍平さんの共演で映画化した映画『影裏』が2月14日より公開となります。

主人公・今野(綾野剛)が会社の転勤をきっかけに移り住んだ岩手で、同僚・日浅(松田龍平)と出会い、遅れてきた青春を味わうシーンからスタートする本作。ある日突然、日浅が行方不明となり、今野は家族を訪ねるが、語られる日浅の話はこれまで自分が見てきた彼とは全く違う別の顔だった……。

本作のメガホンを取ったのは『るろうに剣心』シリーズ、『3月のライオン』などを手がける大友啓史監督。自身の出身地である岩手県・盛岡市を舞台に制作した本作への想いを聞いた。

芥川賞受賞のヒューマンミステリーを綾野剛&松田龍平で映画化 『影裏』大友啓史監督インタビュー「淡々とした時間の中でうごめく感情」

――本作、大変楽しく拝見しました。本作を映画化する事になったきっかけを教えてください。

大友監督:僕はたまに雑誌『文學界』を読むのですが、その中に「影裏」があって、タイトルも良いし、舞台が僕の出身である岩手県だったりして、読んだあとも気になっていたんですよね。ちょうど、テレビ岩手さんの企画でネタ探しをしている段階でもあったので、「影裏どうですか?」って言ったんですよ。最初は実現しなかったのですが、その後芥川賞を受賞して、テレビ岩手さんの方からも「岩手で初めての芥川賞作品ということでどうでしょう」とお話があって、とんとん拍子に映画化が決定しました。

――監督は原作のどの様な所に惹かれましたか?

大友監督:説明的な描写があまりなく、選んでいる言葉の一つ一つが美しくて。登場人物が何を考えているかも潜めてあって、読めば読むほど読み手の想像をふくらませる内容になっていますよね。小さな物語ではあるけれど、そこで動いている感情はものすごく大きいと。その感情を映像化したかったんですよね。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。