『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ファティ・アキン監督インタビュー 「作り手として初めて妥協していないのがこの作品なんです」[ホラー通信]

劇中にも登場する、ホンカが通っていたバー“The Golden Glove”は今でもありますよ。学生時代にわりと近くに住んでいたんだけど、絶対近くに行かなかったんです。一度だけ、タバコを切らしたときに買いに行ったくらいかな。そのバーは、入り口の所に「ここがホンカの場所だった」とメッセージが書いてあるんですよ。観光名所になっているというわけではないけど、このインタビューを読んで「行ってみたい!」と思う人にとってはそうなるのかもしれません。初めて行った人は、「思ってたよりもひどくないね」とおっしゃいますよ(笑)」

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ファティ・アキン監督インタビュー 「作り手として初めて妥協していないのがこの作品なんです」[ホラー通信]

映画のベースとなっているのは、ドイツのエンターテイナーで作家のハインツ・ストランクが、同事件を加害者目線で綴りベストセラーとなった小説「The Golden Glove」。アキン監督は、自分が生まれ育った地の殺人犯を題材にしたこの小説に魅了され、ホラー映画として映画化することを決めたという。原作者のストランクは、劇中でバーの客としてカメオ出演も果たしている。

アキン監督「もともと作家だとチャールズ・ブコウスキーやミラー、バロウズなんかが大好きで。前からブコウスキーは脚色したいと思っていたんですが、原作者もブコウスキーが好きなんですよ。そこで気が合ったんでしょうね。原作小説を読んだときに、僕は挑戦を突きつけられたような気がしたんです。ムーディと言ったらいいのかな、殺人の場面であったりバーの場面であったり、独特のムードがある描かれ方だったんです。それを果たして自分の映画のテクニカルなスキルで映像化できるだろうかという挑戦ですね。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。