『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品

『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品

筆者は、タイムカプセルを埋めたことが一度もない。けれども、もしタイムカプセルを埋めていて、今掘り返したならこんな気持ちだっただろう。そう思わせてくれたのが、『198X(イチキュウハチエックス)』という作品だ。

『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品

80年代を舞台にしたアーケードゲームと青春の物語!『198X』

『198X』は、スウェーデンのHi-Bit Studiosが開発したマルチジャンルゲーム。今回プレイしたのはNintendo Switch版だが、他にSteamでPC版も配信されている。ただし、PC版は2020年2月9日時点では日本語未対応。PC版の日本語対応と、PS4版の配信が今後予定されている。

『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品

タイトルに『198X』とある通り、本作の舞台は80年代。思春期の少年がアーケードゲームと出会い、心情を変化させていく様子が描かれている。

『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品

この設定を読んで、押切蓮介氏の人気マンガ「ハイスコアガール」を思い出した人も多いだろう。実際、本作はゲーム版「ハイスコアガール」ともいえる作品だ。ゲーム内に複数のゲームが用意されており、プレイヤーは主人公としてこれらのゲームをプレイしていくことになる。

『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品
■プレイしたことがないけど懐かしい!5本のゲーム内ゲーム

本作で用意されているゲーム内ゲームは5本。いずれもオリジナル作品だが、80年代に流行したゲームを連想させるものになっている。しかも、どれもクオリティが非常に高い!

『198X』レビュー:80年代から届いたタイムカプセル! 思春期の気持ちを思い出させてくれる作品

1本目、『Beating Heart(ビーティングハート)』は、ベルトスクロール型のアクション。主人公を操作してボタン連打で連続攻撃を繰り出し、街のギャング連中を倒していく。80年代のアーケードゲームを知る人なら、これだけでも『ファイナルファイト』を連想するハズ。だが、これだけではない。演出的にも『ファイナルファイト』を連想させるものが散りばめられている。筆者は地下鉄のシーンで思わず「懐かしい……!」とつぶやいてしまった。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月15日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。