目標到達の有無によらず資金受け取りが可能に 『READYFOR』が新型コロナウイルスの影響で中止なったイベント支援プログラムを開始

目標到達の有無によらず資金受け取りが可能に 『READYFOR』が新型コロナウイルスの影響で中止なったイベント支援プログラムを開始
拡大する(全1枚)

政府が2020年2月26日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、大規模イベントについて今後2週間は自粛を要請し、コンサートなどの中止や延期の発表が相次いでいます。中には、ロックバンドNon Stop Rabbitの田口達也さんのように、所属会社が倒産しかねない打撃を受けることを訴えるケースも出てきています。

イベント自粛による赤字は1000万円?  Non Stop Rabbit・田口達也さんのツイートが話題に
https://getnews.jp/archives/2422099

こうした中、クラウドファンディングサイト『READYFOR』が、新型コロナウイルスの影響で中止となったイベントを支援する特別クラウドファンディングプログラムを開始を発表しています。

対象となるのは、新型コロナウイルスの影響で中止となり、会場費などの損失が発生したイベント。プログラムでは、目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるALL-IN形式を適用し、サービス手数料が無料となり決済手数料(5%)のみでのクラウドファンディング実施が可能となります。

記載事項の条件は下記の通り。

・イベントの開催中止により発生した損害額を明記すること。
・保険による損害の補填の有無について明記すること。
・クラウドファンディングで集めた金額はその損害の補填に充てること。
・損害額を超えて支援金が集まった場合の資金使途を明記すること。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク