パンクを過去のものにする、空気なしタイヤ【サイエンスニュース】

パンクを過去のものにする、空気なしタイヤ【サイエンスニュース】
すでに完成したモノを改良するのは難しい。まったく新しい仕組みの傘を思いつける人はそう多くないだろう。自動車や自転車に使われるタイヤもそうしたモノの1つ。

タイヤといえばゴムでできていて空気入りと相場が決まっているが、車輪にゴムを付けるようになったのは19世紀も後半に入ってからで、それまでは金属や木製の車輪をそのまま使っていた。実用的な空気入りタイヤは、自転車用をダンロップが1888年に、そして自動車用をミシュランが1895年に開発している。タイヤのありようはこの時点で完全に決定された。乗り心地とグリップ力に優れた空気入りタイヤだが、その最大の欠点はパンクである。アポロ計画の月面探査車には金属ワイヤーで作られたパンクしないタイヤが採用されたが、これはあくまで月面という特殊な環境用だ。

自転車用にウレタンゴムを成形したタイヤは昔からあり、最近では特殊なゲルをタイヤに注入した商品も登場しているが、自動車には使えない。

自動車用では、パンクした後もしばらく走れる、ランフラットタイヤやセルフシールタイヤがある。前者はタイヤのショルダー部分を強化したもの、後者はタイヤ内の密封剤がパンクの穴を塞ぐ仕組みだが、パンク自体は避けられない。

空気入りでない、自動車用の実用的なタイヤとしては、米Resilient Technologies社のノンニューマティック・タイヤがある。これはハニカム(蜂の巣状)構造をしたタイヤで、2008年頃から軍用に開発されているが、実用化はまだされていない。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年8月16日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら