乗らなくても楽しい! 熱気球フェスティバル in ケベック

乗らなくても楽しい! 熱気球フェスティバル in ケベック
定刻から1時間遅れた19時、熱気球が飛び立つこの開場付近の風速と風向きが詳細にアナウンスされ、今夜の飛行が可能であることを伝える。

goサインを待っていたクルーたちが動き出す。草原に広げられたバルーンに空気が送り込まれ、色とりどりの球皮が地面を波打ち始める。大型のバーナーが轟音をたててバルーンの中の空気を温める。バルーンは地面からにょきにょきと立ち上がり、思いのほかあっさりと地面を離れ、次々と空に浮かぶ水玉になっていく。一番のりで宙に浮かんだ熱気球は、すっかり小さな点になった。ああ、草の匂いと水っぽいビールが心地いい~!

国際バルーンフェスティバル、毎年40万人の観光客が訪れるカナダ最大級の熱気球のフェスティバルが、カナダのケベック州、サン=ジャン=シュール=リシュリウ(Saint-Jean-sur-Richelieu)で始まっている。

開催期間中(8月11日~19日)、カナダ、アメリカ、フランス、ブラジル、ケベック州、協賛団体から参加の125の熱気球が一斉に飛び立つ様が、毎日朝晩6時の2回観られる。暖気は冷気より軽いという原理を利用した熱気球が飛ぶためには、バルーン中の空気より外気が冷たくなくてはならない。冬は日中でも飛べるが、夏の飛行となると、早朝か晩に限られるのは、大気が冷たく安定しているからだ。

開場では、予約の上、高度1000フィート程度を30分~1時間ほど飛行することもできる(170カナダ$~)。ゴンドラにはパイロットを含め2~6人が定員。乗る気球は選べず、パイロットが話す言語(フランス語か英語か)も選べない。熱気球は、飛行船などと違い自らの推進力を持たず、風の流れを使って移動するため、飛行時間や飛行経路、ランディング場所をあらかじめ決めることはできない。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年8月15日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら