『血ぬられた墓標』『血みどろの入り江』……イタリアン・ホラーの父 マリオ・バーヴァ監督の大回顧ブルーレイBOX発売[ホラー通信]

『血ぬられた墓標』『血みどろの入り江』……イタリアン・ホラーの父 マリオ・バーヴァ監督の大回顧ブルーレイBOX発売[ホラー通信]

リドリー・スコット、マーティン・スコセッシ、ジョン・カーペンター、ティム・バートン……そんな名だたる映画監督に影響を与えたイタリアン・ホラーの父マリオ・バーヴァの没後40年を記念し、国内初ブルーレイ化となるブルーレイBOXの発売が決定。第1期が6月10日(水)、第2期が8月5日(水)にキングレコードより発売される。

第1期は、ホラー映画の金字塔と言われ、ファティ・アキン監督もベスト4に選出する『血ぬられた墓標』、マリオ・バーヴァ最高傑作の呼び声高く、デヴィッド・リンチ、ギレルモ・デル・トロやジャパニーズ・ホラーにも大きな影響を与えた『呪いの館』のほか、日本初紹介となる『ナイヴズ・オブ・ジ・アベンジャーズ』など7作品を収録。

第2期は、スプラッター映画の元祖『血みどろの入江』、日本でもファンの多いエクソシスト映画『新エクソシスト/死肉のダンス』、日本初紹介となる伝説バイオレンス『ラビッド・ドッグズ』など6作品を収録する。

また、それぞれの作品はボックスの発売と同日に単品でも発売される。

■第1期 ブルーレイBOX 

2020年6月10日(水)発売
ブルーレイBOX(7枚組)¥33,600+税 
山崎圭司監修ブックレット封入

<作品>
・『血ぬられた墓標』
魔女裁判によって処刑されたアーサー姫が200年後甦る。モノクロ作品ながら陰影を強調した美しい撮影ながらグロテスクな描写の特殊効果が有名。

・『ブラック・サバス/恐怖!三つの顔』
トルストイ、チェーホフ、モーパッサンの短編3作品を原作にした「電話」「吸血鬼ブルダラック」「一滴の水」の3話からなる、映像美が素晴らしいホラー・オムニバス。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ジェームズ・キャメロン」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェームズ・キャメロン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「是枝裕和」のニュース

次に読みたい関連記事「是枝裕和」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山田洋次」のニュース

次に読みたい関連記事「山田洋次」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。