おでこに「中国人じゃない」と書くか悩む〜安田純平の戦場サバイバル

おでこに「中国人じゃない」と書くか悩む〜安田純平の戦場サバイバル
もうおでこに「中国人じゃない」と書いてしまったほうが早いのではないかと思った日もあった。「そうしてしまえ」とけしかけるシリア人もいた。

今回訪れたシリアでは、新たに人に会うたびに「中国人か?」「中国人なら追い返す!」などと言われ、そのつど「日本人だ。中国人なら反政府側のここには来ないだろ」などと言い返さなければならなかった。これが5週間ほぼ毎日続くのはけっこう苦痛である。以前はこれほどではなかったのだが。

内戦状態が続くシリアについて、アサド政権に対する制裁などを盛り込んだ非難決議案が国連安全保障理事会に何度も提出されたが、中国はロシアとともに拒否権を行使し、いずれも廃案に追い込んだ。08年の中国におけるチベット騒乱ではシリアは「一連の破壊活動は民族団結への打撃と北京五輪妨害を狙っている」などとチベット人側を非難し、中国を擁護している。“似たもの同士”がかばい合っているような構図だ。

シリアでは一日中テレビをつけて衛星放送のニュースを見ている人も多く、中国政府のこうした姿勢はよく知られている。政府軍の物量にまかせた空爆・砲撃で被害が拡大している反政府側からはアサド政権を支援する中国に対する怨嗟の声も上がっている。そもそも日本人を見たら「ジャッキー・チェン」と言う人々である。それっぽい顔の人間が現れればみな中国人に見えてしまうのもやむを得ないだろう。

通りですれ違ったシリア人が「中国人だ」と言っている声が後ろから聞こえてくることもある。例えばイラクでは、日本は米軍側についたが中国は侵攻に反対したので、街なかで「中国人」との言葉が聞こえても悪い意味で言われている感触はなく放置していた。しかし今回はそうもいかず、振り返って「日本人だ」と言う必要があった。うわさ話が広まるのは早いので、良くない誤解はできるだけ早く解消しておかなければならない。それだけに、こちらが日本人と分かったときの歓迎ぶりは際立っている。ヒロシマ・ナガサキは誰もが知っているし、日本への印象は非常に良いのだ。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年9月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら