『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作
拡大する(全5枚)

今回の勝手に映画薄口レビューは、7月3(金)にブルーレイ&DVDの発売が決まった『劇場版 おいしい給食 Final Battle』です。ドラマから追っていたこともあり、大変面白かったです。このレビューは薄口ですが、映画の味付けは望外に濃厚でした。給食だけに。ともあれ、映画版のほうの“隠し味”は、綾部真弥監督の絶妙なサジ加減が奏功していると思います。以下、ネタバレしていくので、気になる方は退避してください。

■公式サイト:https://oishi-kyushoku.com/

お話は非常にシンプルです。給食マニアの教師と生徒による“どちらが給食をおいしく食べるか”という熱いバトルを描いた学園グルメコメディーとなっています。学校というクローズドな空間が舞台なので、人間関係や状況把握も簡単で観やすい。とにかく観やすいです。ドラマ版があるので、もちろん観ていたほうが劇場版の感動がいや増しですが、仮に観ていなくてもそれなりには感動すると思います。給食あるあるも豊富なので、1980年代に子どもだった世代には、ノスタルジーも襲ってくるでしょう。

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作
『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作

で、冒頭に述べた映画版のほうの“隠し味”ですが、これは市原隼人さん演じる給食マニアの教師・甘利田幸男のキャラクターについて、です。ドラマ初登場の段階で、とにかく給食のことしか頭にない突飛なキャラクターで、それを硬派なイメージが濃い市原さんが真顔で演じているので、余計に面白いわけです。かつての喜劇王バスター・キートンも一切笑わないことで観客の爆笑を誘っていましたが、市原さんのギャップも相当です。


この記事の画像

「『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作」の画像1 「『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作」の画像2 「『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作」の画像3 「『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作」の画像4
「『劇場版 おいしい給食 Final Battle』映画薄口レビュー:監督の優しい眼差しが光る愛“おいしい”一作」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク