渋谷警察署デモに関して日本クルド文化協会が見解発表 「正当な理由があるとは言い難いデモ」

渋谷警察署デモに関して日本クルド文化協会が見解発表 「正当な理由があるとは言い難いデモ」
拡大する(全1枚)

2020年5月30日に、トルコ国籍クルド人男性が渋谷警察署の警官から職務質問中に暴行を受けたとして抗議デモがあったことを受けて、一般社団法人日本クルド文化協会が2020年6月13日夜にFacebookで見解を発表しています。

同協会は「デモを支持する立場ではなく、いかなる関与もしていない」と明言。その上で、「今回の騒動の発端になったクルド人の行為は、日本の法律・慣習に照らし合わせて、擁護する余地はありません。もし彼が交通規則を守り警察の要請に適切に対応していれば、警察官もあのような対応に出たのか疑問があります」としており、「正当な理由があるとは言い難いデモ」があったことにより、「在日クルド人への偏見を助長したように思われます」と懸念を表明しています。

また、「当協会はトルコ、イラン、イラク、シリア政府のクルド人弾圧への抗議運動を度々主催しておりますが、参加者はクルド人が大多数で、一部支持者の日本人が含まれるという構図になっております。今回の渋谷警察署前でのデモは日本人参加者が大多数を占めていましたが、普段クルド人の支援活動には参加されていない方々ばかりであったと確認しております」といい、「在日クルド人は日本の法律・慣習を尊重いたします。当協会はこれからもクルド人が日本社会で軋轢を起こすことがないよう指導して参ります。一部の方々が今回の件に際してクルド人に関する誤った情報を拡散していますが、こちらについても控えていただきますようお願いいたします」と要望しています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク