Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』本編映像 “行ってはいけない家”から連れ帰ってしまった“何か”が現れる[ホラー通信]

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』本編映像 “行ってはいけない家”から連れ帰ってしまった“何か”が現れる[ホラー通信]
拡大する(全2枚)

『呪怨』シリーズ初のドラマ、『呪怨:呪いの家』がNetflixにて7月3日より全世界配信スタート。本編映像が解禁となった。

実際の出来事をヒントにして作られていたという『呪怨』。今回のドラマではその実話を完全再現。物語の舞台となるのは1980年代から90年代の日本だ。その時代の空気感を再現すべく、セットやメイク、ファッションなどすべてにこだわり、徹底的にリアリティを追求した。

シリーズを象徴する怨霊、伽椰子と俊雄のモデルとなった人物はもちろん、怪奇現象など『呪怨』らしいエッセンスが全編に渡って散りばめられている。

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』本編映像 “行ってはいけない家”から連れ帰ってしまった“何か”が現れる[ホラー通信]

このたび解禁となったのは、新人タレントのはるかと、はるかの恋人・哲也が奇妙な現象に遭遇するシーン。

はるかは、ある時を境に何かを恐れるような言動をとりはじめた哲也に不安を抱いていた。そんな哲也が、思いつめた様子で「ごめん。俺、はるかに言ってないことがあるんだ」と話し始める。「この前、変な家行っちゃったんだよ。そこは行っちゃいけなかったんだ」。

すると、いつの間にか寝室のドアが開いていることに気付く。二人の不安を煽るように、ひとりでに点く灯り。ドアの向こうに何かがいる、哲也が“あの家”から連れ帰ってしまった“何か”が――。その正体をつかむべく、哲也は寝室へと入っていく。すると、哲也はそこで恐怖に慄くことになる……。

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』
配信:2020年7月3日(金)、Netflixにて全世界独占配信
監督:三宅唱
脚本:高橋洋、一瀬隆重
出演:荒川良々黒島結菜、里々佳、長村航希、岩井堂聖子、井之脇海、テイ龍進、松浦祐也土村芳柄本時生仙道敦子倉科カナ

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事の画像

「Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』本編映像 “行ってはいけない家”から連れ帰ってしまった“何か”が現れる[ホラー通信]」の画像1 「Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』本編映像 “行ってはいけない家”から連れ帰ってしまった“何か”が現れる[ホラー通信]」の画像2

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。