「ブルースが、彼の曲が主人公を救う」伝説の“ツアマネ”ウドー音楽事務所の高橋辰雄氏が『カセットテープ・ダイアリーズ』とブルース・スプリングスティーンを語る!

「ブルースが、彼の曲が主人公を救う」伝説の“ツアマネ”ウドー音楽事務所の高橋辰雄氏が『カセットテープ・ダイアリーズ』とブルース・スプリングスティーンを語る!

1987年のイギリスを舞台に、パキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していく姿を爽やかに描いた青春音楽ドラマ、『カセットテープ・ダイアリーズ』が公開中です。原作は、パキスタンに生まれ、現在は英国でジャーナリストとして活躍し、自身もブルース・スプリングスティーンの大ファンであるサルフランズ・マンズールの回顧録です。今回、ブルース・スプリングスティーンと一緒に仕事をしたこともある伝説のツアマネ、ウドー音楽事務所の高橋辰雄氏が本作を緊急鑑賞!ブルース・スプリングスティーンのロック、そして本人の人柄を知る高橋氏は、未来に希望を抱ける本作をどう観たのか!?ブルース・スプリングスティーンとの思い出を交え、話をうかがいました。

▼映画『カセットテープ・ダイアリーズ』予告編▼

●ブルース・スプリングスティーンが来日した際に、ツアーマネージャーとして一緒にお仕事をされていたわけですよね?

そうですね。僕自身は彼と2回しか仕事をしていないですが、彼はボスと呼ばれ、みんなに慕われている存在でした。音楽業界で40数年、ある意味で世界的に影響を与えた、与えているアーティストですよね。

彼はいつもさまざまなランキングで50番以内に入っている人なんです。ボーカリスト、影響を与えた人、素晴らしい人間ですよね。

●当時、緊張はしましたか?

しましたよ(笑)。超大物で、僕も当時業界に入って10年足らずだったので、ちょうど僕の中でもいろいろなことがわかり始めた時期でしたから。当時はまず呼びましょう、それからみたいなイケイケなムードもありましたけれど、現実的な受け入れ体制の部分での課題もあったのでプレッシャーでした。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。