過剰な摘発は抗生物質と同じ

過剰な摘発は抗生物質と同じ
今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

■過剰な摘発は抗生物質と同じ

抗生物質の多用は耐性菌の出現を促す。そして際限のないイタチごっこが続く。そしてどんどん抗生物質の開発のハードルが高くなっていく。そのうちどんな抗生物質も効かない菌が出現するのではないか。そう警告され、医療では抗生物質の乱用が戒められて久しい。

最近の警察とP2Pの戦いを見ていると、その光景がだぶる。どうでもいいような些細な著作権違反や児童ポルノ違反でWinnyを叩きまくった結果、次々に高度なP2Pシステムが登場し、摘発が困難になっていった。

最終的にFreenetとTorが難攻不落な「匿名」の牙城として立ちはだかっているわけで、警察はむしろその究極の匿名領域にユーザーが移行するのを防ぐ(コントロール)べきだった。

つまりWinnyなど匿名性は若干弱くても利便性が高いツールにユーザーを留めておけば、いざ重大犯罪が起きた時に摘発は可能だった。ところが警察がムキになってWinnyなど匿名性の弱いツールを摘発しまくったために、ユーザーはとうとう匿名性を破るのが不可能ともいわれているツールにまで追いやられてしまった。

そして結果的に警察は無力になった。

   *   *   *

過去にも述べたが犯罪というのはコントロールが重要なのであって、ムキになって根絶しようとしてはいけない。性風俗産業もむかしは目に余るものだけ最小限の摘発にとどめていた。摘発を厳しくしすぎると完全にアンダーグラウンド化して、無法地帯になってしまう。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年10月23日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら