Windows 8になってどうなるの? セキュリティについて専門家に聞いてみた

Windows 8になってどうなるの? セキュリティについて専門家に聞いてみた
遠隔操作ウイルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれた事件で誤認逮捕問題が世間を騒がす中、いよいよ10月26日に一般発売されるWindows 8。ウイルスに対するセキュリティに関しても大幅に強化されたというが、実際のところはどうなのか。トレンドマイクロ社のセキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド」のプロダクトマネージャーを務める塩田行宏氏に、Windows 8を使ううえで危惧されるポイントについて語ってもらった。

――Windows 8には最初からセキュリティソフトが入っているのでしょうか?

塩田:Windows Defenderというプログラムが入っています。これはVistaから標準搭載されているのですが、7以前のWindows Defenderは、セキュリティソフトがPCにインストールされているかどうかというステータスを見たりして、例えばウイルスバスターをお使いのお客様には、ウイルスバスターの状態(「期限切れになっています」など)をお客様へ通知をしてくれるだけでした。しかし、8ではマイクロソフトのアンチウイルスソフトであるMicrosoft Security Essentialsの機能を取り込んで、Windows Defenderと統合しました。事実上は今までのマイクロソフトが出しているソリューションとさほど違いはないですが、今回はわざわざMicrosoft Security Essentialsをインストールしなくても、最初からインストールされていますので、お客様にとってのメリットは少なからずあると思います。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年10月26日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら